育児休業給付金 延長 金額

産後や更年期のゆらぎ肌に

育児休業が延長となった場合の給付金の金額は?

何らかの事情(条件を満たしている必要あり)で育児休業を延長した場合でも、その間、給付金は継続して支給されます。

 

通常であれば、子の1歳の誕生日の前々日までが給付期間なのですが、それが1ヶ月とか2ヶ月とか…最長2歳の誕生日にあたる日の前々日までってことですね。

 

育児休業給付金の金額は、育児休業開始日から180日目までが育休開始前賃金(賃金日額)67%で、181日以降が50%です
※給付率については「育児休業給付金の金額って手取りが基準なの?」ページを参照してください。

 

 

 

育児休業が延長しようとも、給付割合は50%が継続されるので、支給単位期間毎の支給金額は変わりありません。

 

また、パパママ育休制度を利用して1歳2ヶ月までの育休期間であっても、延長条件をクリアしていれば、2歳まで育児休業を取得できます。

 

育児休業は最長3年間取得できる会社もある

比較的、大きな企業(会社)では、育児休業を最長子が3歳になるまで取得できることがあります。
それは会社独自の制度…という位置づけであり、対象者が皆、子の3歳までフルで取得するとは限らないんですね。

 

公務員では、すでに育児休業期間は最長3年となっています。
職種や職場環境によっても育休のとりやすさは異なるのです。

 

 

この3歳制度があるからと言って、育児休業給付金も、その期間まで延長されるわけではありません。
あくまでも現状では、給付金の延長が認めれるのは2歳(の前々日)までです。

 

ただ、社会保険料は、子が3歳になるまでの育児休業に準ずる休業中については、支払いが免除されます。
※社会保険料免除については、「育児休業給付金受給中の社会保険料は免除になる?」のページを参照してください。

 

関連ページ

育児休業給付金対象期間の延長申請の条件と必要書類
育児休業給付金の対象期間は、やむを得ない事情により、子供の1歳の誕生日を過ぎても、1歳6ヶ月まで延長申請し取得することで、延長することが可能です。
育児休業給付金の延長申請の手続き期限はいつ?
通常の育児休業給付金受給期間は、条件を満たせば、子が1歳6ヶ月に達する日の前日(誕生日の前々日)まで、延長することができますが、それに伴なう手続きが必要です。 当然ながら、電話一本で済む…っていうわけにはいかないんですね^^;
慣らし保育は育児休業給付金を延長できる理由になる?
職場復帰する際に、希望していた保育所への入所が決まって、園によっては最初はしばらく「慣らし保育」の期間が設けられている場合がありますよね。 。 慣らし保育は、通常より子どもを預かってくれる時間が短いです。 それぞれの保育所での時間設定は様々で、徐々に保育時間を延ばしていったり、期間も3日から1ヶ月程度とかなり幅があります。