育児休業給付金 計算 方法 基本給 ボーナス 時短勤務

産後や更年期のゆらぎ肌に

育児休業給付金 計算記事一覧

育児休業給付金で支給される金額は、育児休業中の期間によって違うってことでしたよね。そして、人それぞれの給与も違うのですから、貰える給付額も異なるのは当然のこと。支給額を決めるのに関係している賃金日額は基本給が基準ではありません。手当なども含めたボーナス(他にも退職金、弔慰金など)以外の給与です。これが基本となって6ヶ月分を足したり、割ったりして決めるのですね。

一人目を出産して育児休業を取得し、仕事に復帰。しばらく時短勤務で働くことにした…二人目の妊娠を考えているけど…その場合、二人目の育児休業給付金の基準となるのは時短勤務の給与??なんてことを考えることがあるかもしれません。計画的に出産を~ってことですね^^結論からいうと、「時短勤務の給与が基準になる」です。給付率は、対象となる期間の給与の賃金日額に180日間は67%、181日~50%となります。(※...